新たな邸宅のゆとりを、
東区泉一丁目のアドレスを得て。

IZUMI-1CHOME

高岳駅までわずか徒歩2分の利便立地でありながら、
静けさや洗練を兼ね備える泉一丁目のアドレス。

都心の利便も日々の心地よさも、
新たな都心邸宅の広さにこだわった
61邸の暮らし。

FUTURE

未来の名古屋を生む、
栄・久屋大通公園エリアが徒歩圏。

− 新風景
「Hisaya-odori Park」
誕生 −

高感度なショップには、
名古屋市内初出店21店舗を含む、
約35店舗がラインナップ。
公園と店舗が一体化された、
久屋大通の新たな
ランドマーク施設として話題です。

image photoimage photo
「Hisaya-odori Park 徒歩6分(約480m)」

輝く未来へますます、変わりゆく栄の都心風景。

栄エリアを南北に貫く久屋大通公園を、
より魅力ある都市空間へと進化させる
整備運営事業が進行中。
周辺でも都市機能強化を図る
数々の再開発事業が進められ、
今後の栄エリアの新たな発展を
期待させています。

  • 2020
    1. 1久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)整備運営事業 完成
    2. 2栄バスターミナル(噴水南のりば)跡地暫定活用事業 2020年度供用開始
    3. 3ホテルフォルツァ名古屋栄 開業
    4. 4BINO栄 開業
  • 2022
    1. 5アーバンネット名古屋ネクスタビル(現在建設中)2022年1月竣工予定
  • 2024
    1. 6中日ビル建て替え計画(現在建設中)2024年春開業予定
  • 2026
    1. 7栄広場再開発事業(2020年事業者決定・2022年着工予定)2026年供用開始予定

出典元:名古屋市ホームページより

  • 2024年度完成予定中日ビル建て替え計画が着工
    総合文化発信の一大拠点・中日ビルの建て替え計画が、この2月に着工。ホテル・オフィス・商業施設などが入居する地上33階建ての超高層ビルとして、2024年春に開業予定です。
  • 2026年度完成予定栄広場再開発事業(約1,070m)
    中区栄にある市有地「栄広場」と隣接エリアを合わせた土地の再開発。栄地区では最も高い高さ約200メートルの高層ビルに商業施設。高級ホテルや映画館が計画されています。

− 久屋大通公園(北・テレビ塔・南エリア)
整備運営事業 −

久屋大通公園(北・テレビ塔エリア・南エリア)
の公園整備では、
テレビ塔を中心とした南北に通じるシンボリックな景観軸を形成すると共に、
それぞれのエリアごとに特徴と特色あるゾーンを設け、
飲食店や物販店の設置など、開放感の高い都市型の公園を目指し整備が進行中です。

上記イラストは名古屋市ホームページ内で公表されている情報を元に作成したものです。

※掲載の「久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)整備運営事業」は2019年9月現在、名古屋市ホームページで公表されている情報を元に作成したものです。各種調査・設計協議等により、実際の整備運営内容は変更となる場合があります。

学びの森ゾーン

多世代が学びや刺激を得られ「ものづくり名古屋」
を支える、大人と子どもたちを育む空間へ

アーバンリゾートの森ゾーン

美しい森の木陰にあるデッキ沿いに、地元密着型の
ショップや飲食店が広がる都市型リゾート空間へ

コミュニケーションゾーン

青空の下、語らいのひと時やランニングを
介したコミュニケーションなど、
交流・親交を誘発する空間へ

シンボルゾーン

国内外からの来訪者を惹きつける「ものづくり名古屋」と、
「日本の価値」をプレゼンテーションする空間へ

Information

棟内モデルルームOPEN!特別内覧会・眺望体感会開催中[完全予約制]